40代からコラーゲン不足!化粧品で補おう!

40代を超えると肌の悩みで一番多いのは、たるみが出てくる事が悩みと言う人が多いですが、たるみはハリがなくなった事で起こります。
ハリを失った肌は、まぶたや頬が下がる事で老けて見えてしまうので毎日のケアが大切です。
40代以降はコラーゲンが大幅に減るで、化粧品などでコラーゲン配合の物や保水機能がある化粧品を使う事をオススメします。
コラーゲン不足は何で補えばいいのかや、40代からの化粧品でのお手入れ方法はどうすればいいのでしょうか?

40代が近くなって来ると、コラーゲンの量が大幅に減る事で肌の弾力や柔軟性が悪くなりシワの原因に。
化粧品は日々進化しており、肌のハリや弾力パワーを持つ成分やみずみずしく保水機能が高い化粧品、水分保持機能を持っている化粧品などがあります。
またバランシングムースも人気で洗顔後に一番始めに使うもので、ホエイエキスの美容効果があると言われています。

顔のたるみを改善するには、週1回炭酸パックをしてみるのもいいでしょう。
40代だからと言って諦めてしまうのは、もったいないので、いつまでも若々しくキレイな肌を目指しましょう。
40代に見えないなんて言われてみたいですよね?
そのためには毎日の肌のケアが大事になってくるのです。

肌のシミの改善と化粧品について

肌のシミを改善したいと考えた時、美白成分が配合された化粧品を使う事を考える人は少なくありません。

ですが、肌のシミには、いくつかの種類があり、美白に有効とされる成分で効果が出るかどうかが変わってきます。

美白に有効とされる成分のひとつが、ビタミンCです。

ビタミンCには、シミの元となるメラニン色素を薄くする働きと、コラーゲンの生成を助け、肌の新陳代謝を活発にする働きがあります。

薄いシミであれば、肌の新陳代謝を高める事で肌の外に押し出していく事で消えていく事も多い為、ビタミンCはシミを消したいと考えた時には有効な成分です。

ビタミンCはそのままでは肌に浸透しやすい成分の為、化粧水等に配合する際は、より浸透しやすい状態に加工されたビタミンC誘導体が使われています。

このビタミンC誘導体で、高い効果を期待する事ができる肌のシミは、ニキビ跡や傷跡等、炎症が原因の茶色いシミです。

シミができたと感じたら、早めにビタミンC誘導体等、シミに効果的な成分が含まれた化粧水を使ってケアをする事がお勧めです。

この際、一度塗れば改善すると考えるのではなく、肌細胞が生まれ変わるまでの期間、約28日を目安に使い続ける事がお勧めです。

そんなビタミンC誘導体は、すべてのシミに高い効果があるかといえば、そうではありません。

皮膚の表皮の部分にメラニン色素が沈着している状態の炎症によるシミとは違い、肌の奥深く、真皮の部分にメラニン色素が沈着してできる事が多い加齢による肌のシミの場合、炎症によるシミに対して程、効果が出ない事が多くなります。

ただ、現在は、美容皮膚科でレーザー治療等を受ける事により、加齢による肌のシミも改善できるようになってきています。

ですから、本気で消したいと考える場合、クリニックで相談をしてみると良いでしょう。

現在、肌のシミに効果的と言われる成分が配合された化粧品が色々販売されていますが、効果はシミの状態によって変わります。

http://xn--cckvam4a1yk56wneg412d.club/

女性用の発毛剤の普及

近頃では、女性用の発毛剤の普及が加速してきているのではないかと考えられており、多方面で注目を集めつつあります。

このようなタイプの発毛剤は積極的に開発され、販売されるようになり始めているため、多くの人々が活発に利用する動向を示していると推測されています。

また、これまでに比べて女性でも発毛剤を気軽に利用する事のできるイメージが強く抱かれるようになってきており、多数の女性の間で普及することに繫がってきていると言えるのではないでしょうか。

 

このような動向は多くの地域で確認されるようになってきており、従来に比べて多くの女性が発毛剤を利用するようになり始めているのではないかと考えられています。

また、複数の発毛剤を製造しているメーカーが、女性をメインターゲットに据えた商品を市場に投入するようになり始めており、話題となっているのではないと思います。

今後はこうした状況がより高い頻度で見受けられるようになっていくことが予測されています。

そのため、女性が発毛剤を利用し、実際に発毛の効果を実感するケースも数多く確認されるようになっていくのではないかと推測されています。

多岐にわたる年代の女性からの関心が寄せられるのではないでしょうか。

正しく、きれいに毛穴のケアを…

毛穴はとても気になる部分ですね。

黒ずんで、イチゴ鼻になってしまいがちです。

毛穴が黒ずんでしまうのは、毛穴が開いている間に油や汚れが入り込んでしまうからです。

なので、毛穴ケアをするにおいて毛穴が開くタイミングを知ってしまえばきれいな毛穴を保つことが簡単になります。

毛穴が開くタイミングというのは、湿気やお湯で肌が温まったときです。

ですので、湯船に浸かったたり、蒸しタオルを当てると毛穴が徐々にですが開いていきます。

毛穴が開いたら、洗顔をして毛穴の中の汚れを洗い落とします。

よく泡立てると泡がきめ細かくなりますので、洗顔ネットを使い泡立てて、優しく丁寧にお顔をマッサージするように、ぬるま湯で洗顔します。

熱すぎるお湯で洗うと、美容に必要な油も不要物と一緒に洗い流してしまいます。冷たすぎる水は、肌の血管が広がり、皮脂の分泌を高めてしまうそうです。

また、水道水で洗顔すると、塩素を吸収してしまうそうです。

洗顔後、綺麗になった毛穴を保つために、乳液などで保湿をします。

ケアを終えたら、冷たい湿ったコットンやタオルで毛穴にフタをして完了です。

毛穴の黒ずみは、気になるからと、無理やり汚れを押し出そうとするのは良くありません。

ニキビも、自然治癒を待たずに潰してしまうと治るのに時間がかかるほか、さらに悪化させてしまいます。

お肌のケアは優しく、焦らずに汚れを落としていくことが美肌の秘訣です。

やりすぎと、無理をしないように規則正しい生活を続けることで、日に日に健康的なお肌に繋がっていきます。

正しいやり方できれいに毛穴ケアをしましょう。

年齢肌が深く潤う

これまで、どうしても潤わなかった年齢肌が、ここまで深く潤う…。

この吸い付きは、ハリや明るさを引き出す潤いの印です。

年齢肌化粧品の基本4アイテムのご紹介です。

保湿液…乾きやすい年齢肌のすみずみに、深い潤いを与えます。

潤いの通り道を整え、肌の隅々まで潤いで満たす保湿液です。

とろりとした質感で、手のひらに吸い付くほどのしっとり感が一日中続きます。

美活肌エキス(薬用美白)…濁って見える年齢肌に、艶やかな透明感がでてきます。

各層の芯に自然の恵みをたっぷり届け、肌本来のめぐるチカラを引き出す濃密なエキスです。

とろみがあるのに、素早く肌に馴染み、イキイキとしたツヤと透明感を与えます。

クリーム…しぼんでいく年齢肌の土台に、豊かなハリを与えます。

年齢肌に大切な成分を、微細なカプセルに閉じ込め、角層の土台までとどけるコラーゲン配合のクリームです。

なめらかな心地よさで、ハリと弾力を引き出します。

保護乳液…刺激やダメージに弱い年齢肌に、負けない力を与えます。

肌を保護する潤い成分で、ベールをかけるように肌を包み込み、外的刺激やダメージから年齢肌を守る乳液です。

サラリと仕上がり、潤いが続きます。

お手入れするほどもちもちとしたハリ!さぁ、この年令化粧品で驚くほどの実感をあなたも…!

(朝日新聞2014/9/1 広告より)

糀(こうじ)の化粧品

乾燥肌は、肌トラブルの大きな原因となります。

その乾燥肌の方にとって、これは朗報かもしれません。

先日の新聞広告でR製薬が保湿に大変効果があるという、糀の化粧品を掲載していました。

糀とは、日本酒で使うものですが、それを化粧品の成分として活用しているのです。

新聞広告を元に、少し紹介してみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

乾燥対策は、R製薬の糀の化粧品で…。天然保湿成分で、しっとり柔らか肌を実感できます。

100年以上の歴史を持ち、医薬品はもとより化粧品でもさまざまなヒット商品を発売続けてきたR製薬が、日本伝統の自然素材から新たな化粧品開発をスタートさせました。

その開発に当たり、さまざまな自然素材を検討するなかで、酒蔵で「糀」にふれる杜氏の手の美しさに着目。冬場の冷たい水にさらされる過酷な環境でもその手はしっとりとすべすべなのです。

その秘密は糀にあるという考えから、独自成分の白糀コメエキスの抽出に成功しました。

このエキスは、米のよいところを最大限に引き出したエキスです。

美肌のためのビタミン・アミノ酸、そしておおくの天然保湿成分を含んでいます。

その高い保湿力は、コラーゲンやヒアルロン酸にも負けないといえます。

この天然由来成分の糀クリームは、肌にす~と馴染み、たっぷりの水分を角質層まで届けてくれます。

肌表面の水分の蒸発を防いでくれるので、うるおいを閉じ込めてキープしてくれます。

ぴーんと跳ね返すような、ふっくらもちもちの弾力、みずみずしい美肌感へと導いてくれます。

(続く)

 

紫外線による隠れジミ

これから紫外線が強くなる夏の季節がやってきます。

この夏に浴びた紫外線が肌の内部に影響を及ぼし、時間の経過とともに表面化してきます。

そのため、紫外線が強くなるこれからの季節には、特に肌のケアが必要になります。

肌の大敵である紫外線には、UV-A,UV-B,UV-Cと波長の違う3種類があります。

最も波長が短いUV-C はオゾン層に吸収されて地表まで届かに紫外線です。

その他の2種類が肌にダメージを与えます。

UV-Bは、波長が短めで肌の浅いところにしか届かないが、その影響は急激で強烈です。

しかも、シミを作る原因となるのは、主にこのUV-Bの方です。

浴びた数時間後にはメラニンが活性化し、紫外線を浴びつつけるほど、ドンドンとメラニンが作られて黒色化していきます。

これが排泄しきれずに肌内部に残ってシミとなるのです。

では、もう一方のUV-Aはどうかといいますと、こちらは波長が長く深層部まで浸透するのが特徴です。

UV-Bほど急激に肌に作用しない代わりに、その影響が蓄積されていくのが厄介なところです。

深層部でUV-Aはコラーゲンを攻撃し、破壊していきます。

さらに、エラスチンなど肌にハリを与える組織も破壊します。

活性酸素を大量に発生させて新たなコラーゲンの生成を邪魔までします。

徹底して肌の弾力を奪い、シワを誘発していきます。

(朝日新聞・広告より)

(つづく)

 

正しい夏のスキンケア

これから暑い夏がやってきますが、夏こそお肌の保湿に気をつけなければなりません。

夏に乾燥肌になりやすいことはすでに述べました。

そこで、夏の乾燥肌対策について、どのように対処すればイイのか、考えてみましょう。

まず、乾燥した肌は、角質が硬くなっています。

ゴワゴワと角質が硬くなって、新陳代謝の機能も衰えています。

この角質が硬くなると、乾燥肌を改善する化粧水が肌の奥まで浸透しなくなります。

化粧水をしっかりと浸透させるためには、不要な角質を取り除く必要があります。

ここで気をつけなければいけない点は、不要だからといってあまり角質を取り過ぎないということです。

角質は、はだの機能を健全にするためには必要な物なので、摂り過ぎるとかえって肌を痛めることになります。

そして、化粧水はタップリと、くり返し押しこむようにしっかりと肌に浸透させて下さい。

量をケチったりしてはいけません。たっぷりと、惜しげもなくがポイントです。

そして、肌から水分が蒸発しないように、必ずクリームを付けて、油分で蓋をしましょう。

そうしないと、夏は特に水分が蒸発してしまい、乾燥が進みます。

このように、しっかりと保湿することが一番大事な点です。

そして、もう一つ大事な点は、紫外線対策をしっかりとするということです。

日焼け止めをこまめに塗り、汗をかいて流れたら塗り直すようにしましょう。

 

お肌は夏にご用心!

なにかと肌を露出する夏ですが、この夏ほど肌にとって過酷な環境に置かれるときはないといえます。

高い温度による発汗、プールや海水浴による肌への刺激、夏の強い日差しによる紫外線の影響、そして、寝不足や夜更かしによる生活の乱れ、どれをとっても、肌にはよくありません。

強い紫外線は、活性酸素を発生して肌に大事なコラーゲンにダメージを与え、肌の新陳代謝を悪くします。

そして、夏の肌の特徴は、意外にも乾燥にあるのです。

一見汗をかいてベタベタの肌は、内部にも水分がタップリと詰まっているように思えますが、実は、そうではないのです。

大量の汗が蒸発するとき、大事な保湿成分や水分までもが一緒に蒸発してしますんです。

そして、その蒸発を防ごうとして皮脂が分泌されると、表面は皮脂でテカテカし、内面は水分がなくなって乾燥という状態…いわゆる、インナードライ肌になってしまうのです。

また、余分な皮脂が硬くなって毛穴につまって炎症を起こし、大人ニキビになってしまうこともあります。

さらに追い打ちを掛けるように、エアコンの使いすぎが肌を傷めます。

一日中、エアコンがかかった部屋は、湿度に気をつけないと乾燥してしまいます。知らず知らずのうちに、肌から水分を奪ってしまって、乾燥肌の引き金にもなります。

この過酷な環境の夏に、適切なスキンケアをしないと、夏が終わって肌はボロボロという状態になりかねません。

 

 

 

 

ニキビについて

ニキビとは、皮膚の炎症性疾患という病気です。

顔・胸・背中にできるものは、医学的には尋常性挫瘡(じんじょうせいざそう)、あるいは、単に挫瘡(ざそう)といいます。

普通、ニキビという言葉は、青年の顔面にできるものを指し、それ以外のものは吹き出物ということも多いといえます。

では、このニキビはどうしてできるのでしょうか?

ニキビは、毛穴がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こすことによってできます。

つまり、ニキビは、皮脂を分泌する毛穴が詰まることから発生します。

ですから、ニキビは皮脂が分泌されるのが多い部位にできやすくなるのです。

詰まってしまった毛穴の中に、乾いた皮脂や死んだ細胞である角質がたまってしまうのでにきびができるのですが、毛穴が開いて中が透けて見える状態が黒ニキビ、反対に、毛穴が閉じてなかが見えなくなっているのが白ニキビというわけです。

ニキビは、化粧品の使用で毛穴が詰まるとを悪化させる場合があります。

また、ホルモン分泌の乱れや、睡眠不足、ストレス、食生活などの不摂生な生活は、皮脂分泌を多くしますので、ニキビができやすくなります。