ニキビについて

ニキビとは、皮膚の炎症性疾患という病気です。

顔・胸・背中にできるものは、医学的には尋常性挫瘡(じんじょうせいざそう)、あるいは、単に挫瘡(ざそう)といいます。

普通、ニキビという言葉は、青年の顔面にできるものを指し、それ以外のものは吹き出物ということも多いといえます。

では、このニキビはどうしてできるのでしょうか?

ニキビは、毛穴がホルモンと細菌と皮脂の相互作用によって炎症を起こすことによってできます。

つまり、ニキビは、皮脂を分泌する毛穴が詰まることから発生します。

ですから、ニキビは皮脂が分泌されるのが多い部位にできやすくなるのです。

詰まってしまった毛穴の中に、乾いた皮脂や死んだ細胞である角質がたまってしまうのでにきびができるのですが、毛穴が開いて中が透けて見える状態が黒ニキビ、反対に、毛穴が閉じてなかが見えなくなっているのが白ニキビというわけです。

ニキビは、化粧品の使用で毛穴が詰まるとを悪化させる場合があります。

また、ホルモン分泌の乱れや、睡眠不足、ストレス、食生活などの不摂生な生活は、皮脂分泌を多くしますので、ニキビができやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です