正しい夏のスキンケア

これから暑い夏がやってきますが、夏こそお肌の保湿に気をつけなければなりません。

夏に乾燥肌になりやすいことはすでに述べました。

そこで、夏の乾燥肌対策について、どのように対処すればイイのか、考えてみましょう。

まず、乾燥した肌は、角質が硬くなっています。

ゴワゴワと角質が硬くなって、新陳代謝の機能も衰えています。

この角質が硬くなると、乾燥肌を改善する化粧水が肌の奥まで浸透しなくなります。

化粧水をしっかりと浸透させるためには、不要な角質を取り除く必要があります。

ここで気をつけなければいけない点は、不要だからといってあまり角質を取り過ぎないということです。

角質は、はだの機能を健全にするためには必要な物なので、摂り過ぎるとかえって肌を痛めることになります。

そして、化粧水はタップリと、くり返し押しこむようにしっかりと肌に浸透させて下さい。

量をケチったりしてはいけません。たっぷりと、惜しげもなくがポイントです。

そして、肌から水分が蒸発しないように、必ずクリームを付けて、油分で蓋をしましょう。

そうしないと、夏は特に水分が蒸発してしまい、乾燥が進みます。

このように、しっかりと保湿することが一番大事な点です。

そして、もう一つ大事な点は、紫外線対策をしっかりとするということです。

日焼け止めをこまめに塗り、汗をかいて流れたら塗り直すようにしましょう。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ