紫外線による隠れジミ

これから紫外線が強くなる夏の季節がやってきます。

この夏に浴びた紫外線が肌の内部に影響を及ぼし、時間の経過とともに表面化してきます。

そのため、紫外線が強くなるこれからの季節には、特に肌のケアが必要になります。

肌の大敵である紫外線には、UV-A,UV-B,UV-Cと波長の違う3種類があります。

最も波長が短いUV-C はオゾン層に吸収されて地表まで届かに紫外線です。

その他の2種類が肌にダメージを与えます。

UV-Bは、波長が短めで肌の浅いところにしか届かないが、その影響は急激で強烈です。

しかも、シミを作る原因となるのは、主にこのUV-Bの方です。

浴びた数時間後にはメラニンが活性化し、紫外線を浴びつつけるほど、ドンドンとメラニンが作られて黒色化していきます。

これが排泄しきれずに肌内部に残ってシミとなるのです。

では、もう一方のUV-Aはどうかといいますと、こちらは波長が長く深層部まで浸透するのが特徴です。

UV-Bほど急激に肌に作用しない代わりに、その影響が蓄積されていくのが厄介なところです。

深層部でUV-Aはコラーゲンを攻撃し、破壊していきます。

さらに、エラスチンなど肌にハリを与える組織も破壊します。

活性酸素を大量に発生させて新たなコラーゲンの生成を邪魔までします。

徹底して肌の弾力を奪い、シワを誘発していきます。

(朝日新聞・広告より)

(つづく)

 

正しい夏のスキンケア

これから暑い夏がやってきますが、夏こそお肌の保湿に気をつけなければなりません。

夏に乾燥肌になりやすいことはすでに述べました。

そこで、夏の乾燥肌対策について、どのように対処すればイイのか、考えてみましょう。

まず、乾燥した肌は、角質が硬くなっています。

ゴワゴワと角質が硬くなって、新陳代謝の機能も衰えています。

この角質が硬くなると、乾燥肌を改善する化粧水が肌の奥まで浸透しなくなります。

化粧水をしっかりと浸透させるためには、不要な角質を取り除く必要があります。

ここで気をつけなければいけない点は、不要だからといってあまり角質を取り過ぎないということです。

角質は、はだの機能を健全にするためには必要な物なので、摂り過ぎるとかえって肌を痛めることになります。

そして、化粧水はタップリと、くり返し押しこむようにしっかりと肌に浸透させて下さい。

量をケチったりしてはいけません。たっぷりと、惜しげもなくがポイントです。

そして、肌から水分が蒸発しないように、必ずクリームを付けて、油分で蓋をしましょう。

そうしないと、夏は特に水分が蒸発してしまい、乾燥が進みます。

このように、しっかりと保湿することが一番大事な点です。

そして、もう一つ大事な点は、紫外線対策をしっかりとするということです。

日焼け止めをこまめに塗り、汗をかいて流れたら塗り直すようにしましょう。