お肌は夏にご用心!

なにかと肌を露出する夏ですが、この夏ほど肌にとって過酷な環境に置かれるときはないといえます。

高い温度による発汗、プールや海水浴による肌への刺激、夏の強い日差しによる紫外線の影響、そして、寝不足や夜更かしによる生活の乱れ、どれをとっても、肌にはよくありません。

強い紫外線は、活性酸素を発生して肌に大事なコラーゲンにダメージを与え、肌の新陳代謝を悪くします。

そして、夏の肌の特徴は、意外にも乾燥にあるのです。

一見汗をかいてベタベタの肌は、内部にも水分がタップリと詰まっているように思えますが、実は、そうではないのです。

大量の汗が蒸発するとき、大事な保湿成分や水分までもが一緒に蒸発してしますんです。

そして、その蒸発を防ごうとして皮脂が分泌されると、表面は皮脂でテカテカし、内面は水分がなくなって乾燥という状態…いわゆる、インナードライ肌になってしまうのです。

また、余分な皮脂が硬くなって毛穴につまって炎症を起こし、大人ニキビになってしまうこともあります。

さらに追い打ちを掛けるように、エアコンの使いすぎが肌を傷めます。

一日中、エアコンがかかった部屋は、湿度に気をつけないと乾燥してしまいます。知らず知らずのうちに、肌から水分を奪ってしまって、乾燥肌の引き金にもなります。

この過酷な環境の夏に、適切なスキンケアをしないと、夏が終わって肌はボロボロという状態になりかねません。