40代の化粧品ってどう?

40代半ばの女性ですが、この頃化粧品について迷っています。

というのも、これまで使っていた基礎化粧品がなんだかしっくり行かなくて、小じわや毛穴のたるみが増えたみたいな感じなんです。

俗に言う、お肌の曲がり角という言葉がありますが、今その時期なんですかね。

なんだか、このまま一気に年齢肌に突入していきそうで怖いです。

今まで意識しませんでしたが、エイジングケアの部類に入るのでしょうか?

年齢とともに肌が衰えていくことはわかりますが、こう、実際に変化が現れてくると、正直焦ります。

で、これは、今までと同じスキンケア・化粧品ではダメだなと、思い始めました。

肌の老化とともに、自分の肌の現状にあったスキンケア・化粧品が必要なのだと思い始めました。

では、実際に、どんなスキンケア・化粧品を使えばいいのでしょうか?

 

これは、ある40代の女性からよせられた深刻な悩みなんですが、このようなお肌の悩みを抱いている方は、たくさんいらっしゃいます。

現在、市販されている化粧品は、いろんなメーカーが開発を進め、各年代の特化した化粧品・スキンケアの商品を販売しています。

特に、40代になると、これまであったコラーゲンが減少してきたり、保湿機能が低下してきたり、色々なトラブルが始まる年代です。

この時期に、ほんとうに自分の肌にあった、40代向けのスキンケア・化粧品でこまめにケアをするか否かは、その後の肌年齢を決定つけていきます。

だから、スキンケア商品・化粧品の情報をよく調べて、どれが自分に合うのかいろいろ試した見ることも必要になります。

とにかく、ほったらかして、そのままに今までと同じスキンケア・化粧にしておくことだけは避けたいですね。

 
60代の化粧品はコチラ
 

アイクリームのおすすめ

寒い外気やエアコンでなにかと乾燥する季節には、コスメでは特に目元の乾燥に気をつける必要があります。

何故かと言うと、目元の皮膚は皮下脂肪が少なくてとても薄いのです。頬の半分ぐらいで、卵の薄皮ぐらいといわれています。

ですので、皮脂腺が少なく乾燥しやすくてハリがなくなりやすいのです。

そのまま放っておくと角質層がはがれ、バリア機能が弱まって、シミはシワ等の肌トラブルへと発展します。

そこで必要になるのが、アイクリームです。

ではどのような選び方で製品を選ぶとよいのでしょうか。

それには、まず、自分の今の目元の状況を把握して、どのようなトラブルなのかをはっきりとさせ、それに合わせた製品を選ぶようにすることです。

自分の目元が、シワのトラブルなのか、クマ、あるいは、たるみなのかによって対応した製品がありますのので、それせんようのものをえらびましょう。

トラブルが一つでない場合も、複数のアイクリームで対応することをおすすめします。

たとえば、うえまぶたのタルミ、下まぶたのむくみでは、それぞれの対応クリームを使い、無理して同じものを使うより効果的です。

いずれにせよ、目元の皮膚はデリケートですので、正しいケアが求められます。

そして、毎日のこまめなケアが決め手となります。

どのようなアイクリームを使うか、アイクリーム選びの参考に、おすすめランキングをご紹介しておきます。⇒アイクリーム@おすすめランキング…調べてみました!

 

目元美容液

 

ほうれい線について

ほうれい線といえば、女性の美貌の悩みの中でダントツだそうです。

これは、顔のシワではなくて、頬の境界線なのですが、深くなると、顔のシワのように見えて、老け顔になってしまいます。

このほうれい線があるとないとでは、見た目の年齢が10歳はちがってきます。

語源を調べてみると、中国の面相学に出てくる法令紋が由来だそうで、法令線がただしい書き方です。

よく見られる 「豊麗線」、「豊齢線」は当て字です。こちらのほうが、見た目の感じはよく表現されていますが…。

法令線が現れる原因はいろいろありますが、主なものには…加齢、乾燥、喫煙、ストレス、紫外線、偏った食事、ビタミンCの不足、コラーゲンの不足…等があげられます。

解消法としては、これらの要因を取り除くことですが、…禁煙、美容外科手術、マッサージ、サーマクール、顔体操などがあります。

また、法令線の解消に効果がみられる化粧品も開発されています。

忙しいビジネスウーマンや主婦の方にとっては、日頃の肌のお手入れと同時に、ほうれい線の対策もできる化粧品による解消のやり方が一般的なようです。

この、ほうれい線によく効く化粧品は、最近ではさまざまな商品が販売されています。

プラセンタ、コラーゲン、ビタミンC…などのほうれい線解消に効果的な美容成分を含む化粧品で、ハリと弾力がある肌を取り戻し、ほうれい線を目立たなくさせています。